2014年

12月

12日

時を纏いて陰影を造る部屋。平屋冥利に尽きます!「ヴィンテージアベニュー・北内」

好みの服、好みの食事を選ぶ様に、好みの『住処(すみか)』だって選びたい。こだわりたい!

そう考えている方は少なくはないでしょう。

 しかしながら、

人は『住処』を選ぶ時、様々な条件と向き合わなければならないものです。

通勤に便利な場所、家族構成、懐具合…

考えれば考える程、どんどん落ち込んでいきそうになります。(悲~)

そして、どんどん慎重になってしまうんだと思います。

ならば一度、服を試着する様に、料理を味見する様に

住む処だって、一回住んで試してみればいいんじゃないでしょうか?

住宅ローンを急いで組まなくても、賃貸で楽しめちゃう物件があったら…、いいと思いませんか?

今回はそんな物件のお話し。

 

お気付きかもしれませんが、当社直営物件は大家の好意から、『改修可』となっているものも有ります。

しかし、本物件はさらにその半歩先を行く、入居者様次第で物件整備費を肩代わりして頂けます。

なかなか希有なスタイルではあるものの、入居者様から言えばありがたい事この上ないのではないでしょうか?

昭和な雰囲気の木造平屋。

すっきりとシンプルで、使い勝手が良さそう。

今は少なくなった 広縁付きの和室の続き間、その後室である洋室3帖は書斎としても寝室としても使えます。また DKに隣接する納戸2帖は ゆったり0.75間の奥行があり、かなり広いです。普段使わない 使用頻度の低い物の収納として また食品庫としても重宝します。

細やかですが 建物の南の屋根付き駐車スペースは、軽1台なら楽々置けます。(物干し場としても有り難いですネ)

まぁ 普通にいい家なんです。

しかしここからが、普通でない所。

まず、このサイズの貸家にしては、お家賃は良心的。

そして、入居者様が入る前に

キッチン(流し扉にシート貼・床内装)と畳・襖のリフォーム、全室照明器具設置、下駄箱新設、ガス給湯器・シャワーのやり替え工事(新品)、建具と鍵修理、新品エアコン設置、カーテンインテリア、火災警報器・消火器、チャイム、ハウスクリーニング、新品便器に交換 適切なリフォーム工事が 当たり前ですが、大家負担で行われます。

その際に、入居希望者様の

「ここも直して欲しいなぁ〜。」なんて要望を伝えると、なんと入居者様の希望工事も行って頂けます。 

そんな上手い話が…? 上手い話には裏がある筈。

そう思われた方、正解です。やっぱ 裏あります。(笑) 

この入居者様要望の工事費に関して、大家が補助してくれる訳ではなく、あくまで肩代わりしてくれるという話です。

つまり家賃に跳ね返ってきます。大体3〜4年間で償却できる様に計算します。

例えば、入居時に37万円分の工事をしてもらうと仮定します。

そうすると、37万円÷4年÷12ヶ月=0.75万円/月

という感じで、家賃が上がります。

しかし、元々が良心的な家賃。自分でやろうと思っても、中々お金と時間をかけられないなら、改修費分割払いしてこだわりの「一点豪華!」とか目指して、

大家さんのご好意に甘えちゃうのもアリじゃないでしょうか? 

人生で一番高い買い物〈住処〉。買う前に、自分の究極の〈住処〉を見つける、

試し住む。

そう言う選択肢も、人生の一つにはアリかと。